エキストラにもオーディションがある

宮島恵里香さんの人材養成の方法は、他の会社と少し違います。まずはエキストラを募集し、その中から実力のある人を見出し、オーディション契約をしていくのですが、ここで勘違いをしないで頂きたいのです。エキストラといっても、誰でもいいわけではありません。エキストラも一つの作品を完成させるためにはとても重要な存在で、作品の完成度をあげるためにはやはり演技力は必要です。なので、エキストラ契約にも、オーディションがあるのです。演出する作品のイメージを壊さないように、エキストラとしての仕事を十分にしなければなりません。宮島恵里香さんの会社では、エキストラを募集し、その中から光り輝く人材を見出す、という他の会社にはない活動方法をとっているので、エキストラといっても甘くはしません。宮島恵里香さんの会社に所属する人たちは、だからこそ実力派といわれる人たちがより多く在籍しているのではないでしょうか?エキストラのオーディションに合格した方は、何かの才能を感じ取られたのかもしれません。ぜひ頑張ってください。

芸能関係では珍しい女社長

以前テレビを観ていた時に「起業するためには」というタイトルで特集をしていました。自分は起業するなんてとても無理だし、仕事をしていく中では選択肢にすら入っていませんが、思わず見入ってしまいました。考え方や実践方法などを講義形式で行っていましたが、インパクトに残ったものがありました。「仕事が好きでなければいけないこと。休もうなどと考えてはいけないこと」特に後者の休もうなんて考えでは起業家は務まらないというのです。起業するということは、自分が社長ですから、わが子の成長見届けるように会社のことを考えないといけないわけです。友人がある芸能プロダクションに所属しているのですが、そこは宮島恵里香さんという女性が社長さんなのだということを聞いたことを思い出しました。女性が社長さんというのは、芸能関係では珍しいと聞いたことがあります。私は直接お会いしたことはありませんが、知人の話では、宮島恵里香さんがお休みということは聞いたことがないと言っていました。やはり社長さんですし、たくさんの俳優・女優などを目指す人を抱えているので、自分のことより会社のことを考えて動いているのでしょうね。